2019年10月09日

セントラルフェスティバルの近くの語学学校「SEE TEFL?EFL Learning Centre?」☆チェンマイ、留学、語学学校、英語、タイ語

サワディージャオ!
きよみです。 

さて、本日はセンフェス近くにあります、語学学校
「SEE TEFL」なのか「EFL Learning  Centre」なのか
どちらが正しい名前なのかわからないけど行ってきましたVISAの事聞きに。
SEE TEFL
208/2 ถนน แก้วนวรัตน์ Wat Ket, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai 50000
081 885 4144

もらったチラシには「EFL Learning  Centre」とあるから、こちらが正しいのか?は謎ですが


IMG_20191009_203038-4eee6.jpg

IMG_20191009_203046.jpg
IMG_20191009_203055.jpg
色んなメモが……すみません。

まず、私でも(既に英語で他校で1年EDVISAを取ったことがあっても)VISAくれるそうです。

あ、えーっと、まだ記事にしてないんですけど、先日ある学校に行ったら

「あなたは他校で既に1回EDVISA貰ってるからうちでは出せない」
と言われまして。。
そこの学校が特殊なんだと思うんですけどね。
http://thai-nikki.seesaa.net/article/Thai-ED_VISA-2nd_year.html?1571055541
そのうち記事あげますー。(あげた)

で、話戻すと

例)
タイ語
3ヶ月(100時間) ・ 24,750B 
6ヶ月(200時間) ・ 46,950B 
1年間(400時間) ・ 49,500B 

あら?なんか、半年と1年の差があんまりないけど。。
聞き間違えたか?  でも、ちゃんと書いてたのお兄さん見てたし、
電卓叩いててそれをそのまま紙に書いたからあってるはず。。

一瞬高いと思うんだけど、1年間にすると、時間数考えたら普通?

NESは1年間で24,000バーツぐらいだけど、週に2回なんだよね。

VISA重視というより、勉強重視って感じ。
まぁ、学校なら本来こうあるべきか……。

マンツーマンだと倍ぐらいですね。


ちなみに

月~木(週4)
10~12時

との事でした。

ドキュメント作るのに6週間。
もし、日本に帰るなら文書出来たら送ってくれるけど、いくらかは今はわからないと。

以上学校リポートでしたー。

学校キレイだったなー。
ラベル:visa EFL
posted by 聖美 at 22:30| Comment(0) | タイビザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月04日

ED VISA二年目は取得が難しい???タイビザ

サワディージャオ
聖美です。
今日は2つ学校の見学に行ったんですが、こんなことを言われました。

「EDビザは、2年目の人にはうちは出せない。
なぜなら、日本人、韓国人、中国人にVISAを出す事が今とても、危険で難しいから。」

なんですと。
きけんとかなに……。

1つ目の学校では言われなかったんだよなー。

むむむ。

「あなたは1回目にNESでとってるから、NESで、とるのがベターよ。
NESなら出してくれるはず。」

うーん。
なんでこの学校ダメなのかな?

経営者がタイ人ではないからかしら……。

【2年目でも受け付けてくれた学校】
・CEC Language School
CEC Language School
泰國, Siri Mangkalajarn Rd Lane 9, Tambon Su Thep, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai 50200
081 950 6659

・SEE TEFL(EFL Learning  Centre?)
SEE TEFL
208/2 ถนน แก้วนวรัตน์ Wat Ket, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai 50000
081 885 4144


【出来るかわかんないけど、受け付けるよ、と言ってくれた学校】
・プロランゲージ(Pro language school Chiang mai)
プロランゲージ
6 4-5 Nimmanahaeminda Road, Suthep, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai 50200
053 400 980
色々仕組みがかわるなぁ。

posted by 聖美 at 20:38| Comment(0) | タイビザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

ツーリストVISA取得には銀行に2万Bの残高証明必要⚠ラオスのタイVISAの面接の対策(?)についてこないだ友達と会議してみた

サワディー。
きよみです。

※先にお伝えしておきたいのですが、
今回は私と友達との、ラオスのVISA取得体験記という事で読んでいただけると幸いです。


※※そいでもって、なんと、ツーリストVISA取得には、20000バーツの残高証明が必要との事!!!
知らんかった。。

みんなちゃんと用意して行ってるんだね……偉いね……( ゚д゚)

という訳で、下記は私と友達の今思えばちゃんと下調べしとけば
そんなに悩まなくってよかったのでは。。
なお話です(*_ _)


でも、私も友達も、残高証明とか聞かれなかったんだけどな。。(8月末時点)


♪。.:*・゜♪。.:*・゜♪。.:*・゜♪。.:*・゜

ざわざわざわとしている私の周りのチェンマイ在住者達。

ちなみにざわざわしているのは、ツーリストVISAを取りに行ってる人達。

なんか面接する事になる人がいる???
(私とか友達とか)

なので、以前タイのイミグレで働いていた女性にちょいと聞いてみました。

面接時のNGワード教えてくださいと。

んで、ノマドさん達がしている、ネットで稼いでるやつ。
これ言わない方がいいとの事。。

以前は「ノマドワーカーさん、チェンマイはオッケー」
っていう事だったらしいので、変わったのかなぁ?

そもそも、タイ人の仕事を取らなければいいのでは?
と思うんだけど。。

もちろん、タイでタイバーツを稼ぐのもNG!!
まぁ、これは言わずもがな。
普通に不法労働者になりますからね^^;


その人いわく、

  ❨ タイで不法に働いてる人を炙り出す ❩

というのも、面接の目的のひとつなのですって。


私が面接受けた爽やかイケメン面接官も、何度も聞いてきました。

「こんなに長期間いるのに働いてないの?」
「お金は稼いでないの?」
「あ、ネット?」

これ、全部笑顔でしたー。

笑顔だから、つい全部「はい」って言っとけば大丈夫なんじゃないかと錯覚をしてしまいます。


でも、今考えると、助け舟的なものもいっぱい出してくれてたような。。

「セーブしてるんだよね?」

とか

「月にいくらぐらい使ってるの?」

って聞かれて、色々計算してたら、

「10000バーツぐらいでしょ?」

とかとか。

稼いでないのに豪遊してたらおかしいもんね。


ちなみに私の友達は、
「今チェンマイで仕事を探していて、今回ツーリストVISAをとったら
その間に仕事を見つけたい。」

みたいな事言って無事合格。
うん、なかなかスマート✨✨


それでですね。

ここから先は、参考にして下さいと声を大きくして言えないのですが、

そして、ほんとに「参考程度」にして欲しいのですが、


私のお友達が、タイに住んでいる方に聞いたことで


「タイに彼氏がいる」


と、言うといいらしいと。。


実際、彼女はバンコクで強制送還されそうになりましたが、

この

「タイに彼氏がいる」

ワードを言った所


「そーなんだー。じゃ、頑ばって仕事探して、次はワークパーミットで入ってきてね♥」

と、言われ、ギリギリ入れたそうです。

ただし、ラオスのタイ領事館で言ったことでは無く、日本からノービザで入る時のバンコクなので
ラオスで通用するのかどうかはわかりません。


私は私で、ラオスに行く前に友達が強制送還されそうになった事を
身近なチェンマイ長期在住者にお話してました。

そいで、
「これから先の計画書みたいのを、実際に紙におこして、文書を作っておいた方がいい。それで、それを見せるといいと思うよ。日本語で」

と言われていたのです。
作ってなかったけど(´д⊂)

ちゃんと対策聞いていたのに、用意してなくて待ち時間にiPadのメモでしのぐという。。
だってVISAは普通に発行してくれるとおもったんだもん(´・ε・`)

入国時のイミグレまでに、書けばいっかーと思ってたんだもん。。(宿題は夏休みがあけても終わってないタイプ)

面接あるなんて聞いてないし(-ε´- )


さてさて、私も、友達も、私と一緒の待合室で待機してた外人さんも、
「スチューデントVISAを取った後のツーリストVISA」
の人達が面接してるっぽかったです。

直接全員と話した訳では無いので、他の人達がどのタイミングの、なんのVISAを取りに行って面接になったのかはわかりません。


でも、スチューデントVISAからのツーリストVISAの方は、

「面接あるかも」

の心づもりしといた方がいいです。

しなかったらしないでいいですしね。

※私の場合
2017年11月 ノービザタイ入国
2017年12月イミグレで30日延長
2018年1月ツーリストVISA取得
2018年3月 イミグレで30日延長
2018年4月 日本帰国
2018年5月 ノービザタイ入国
2018年6月 イミグレで30日延長
2018年7月 スチューデントVISA取得(1年)
2019年6月 ベトナムへビザラン&ノービザタイ入国
2019年7月 イミグレで30日延長
2019年8月ツーリストVISA取得←ここで面接!



面接になった方は、時間かかるかもしれません。

帰りはもう一泊するとか、夜行バスにするとか、どうしても当日の飛行機乗りたい方は、
時間によっては、領事館(もしくはタラートサオ)からタクシーつかまえて直接ボーダーまで行かないと間に合わないです。

ただ、私は面接2番目だったけど、私の後に面接した人が、私より先にパスポート貰って、とっとと帰っていったので一概には言えません。
(この時間に返してくれれば飛行機余裕で間に合った(#゚Д゚)プンスコ!)

ちなみに私は16:20か30分ぐらいに領事館出て、16:40にタラートサオに着いたんですが、直接ノンカーイやウドンターニーに行くバスだと、19:10発の飛行機に間に合わなかったので(当たり前)。

飛行機遅れてくれてたら乗れるんだけど~
とか、思ったけど時間通り。。

当日ウドンターニーで夜行バスのチケット買ってチェンマイに帰りましたとさ。 


でも、イミグレで昔働いてた方は、ネットで稼いでるっていうの言ったらダメって言ってたけど、
私の後に面接したカップルは、絶対ネットで稼いでるよねあなたたち。
って2人だったんだけど、面接で何言ったんだろう。

もっとみんなと、色々お話すればよかったよー!

そんな余裕無かった^^;


ちなみに、カップルで来てる場合も、面接は1人づつですよ。
↑のカップルの男性
「俺も!」と一緒に入ろうとしてたのを止められてました。

当たり前だけど。


・:*+.まとめ(きよみとその仲間たち調べ).:+
◆面接を受ける対象者
    ・スチューデントVISAを取った事がある、からのツーリストVISA取得者(他にもいると思うけどわからん)
※追記↑これ、以前何で滞在してたかとかじゃなくてツーリストVISAが対象者なんですね。

◆NGワード
    ・ネットで稼いでいる(恐らくダメ)
    ・タイの現地でタイバーツを稼いでる(当たり前にダメ!)

◆OKワード
    ・仕事を探している。
    ・貯金でセーブしながら生きている。
    ・日本語で計画表を書いてそれを前もって準備して持っておいて見せる (「タイ(チェンマイ)の歴史が好きで、それを日本のみんなに伝えたい」とか言うといいらしい?未確認!)
    ・チェンマイが大好き!(感情を程よく込めて!私は泣きそうになりながら言ったけど大人なら耐えて!)
    ・チェンマイは日本より物価が安いから
    ・英語を習っている
    ・タイに彼氏(彼女)がいると言う(バンコクの空港のイミグレは行けたけど、ラオスのタイ領事館は分かりません!)
      ※↑これはホント、その時の担当者と運によりけり。これに限らず。


ちなみに、こちらのブログを参考にしたのにVISAもらえんかったとか、飛行機で帰れる時間だったけど買わなかったんだけど!とか言われても一切責任は持ちませんすみません( ´ω` )
あくまでも、私と友達の体験記。。


また情報入手したら追記しますね。
※追記↑つーか、そもそも20000バーツの残高証明が必要!

みなさんも何か教えてくれたら嬉しいです(*_ _)
みんなでシェアして、みんな無事VISAが取れるといいですね。

posted by 聖美 at 05:00| Comment(0) | タイビザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月31日

ラオス ビエンチャンにVISA取りに行ったら予定外の面接に時間かかって飛行機乗れなかったお話

サワディーじゃーお
きよみです。

先日、ラオスにタイのツーリストビザを取りに行ったんですよね。

で、予定としては、
水曜日の昼に飛行機でラオス入り。
翌朝、木曜日にタイの領事館へ
翌昼過ぎ、金曜日にタイの領事館へパスポートとVISAを受け取りに
少しカフェでも行って、屋台のパン買って、ウドンターニー空港へ

私の予定では金曜日の夜にはチェンマイへ。。


と、思っていたら

金曜日の昼過ぎ、ラオスのタイ領事館へパスポートを受け取りに。

私の番号は11番だったので、まぁ、早く帰れるだろうと思っていたら。


「11番?ああ、隣の窓口行って」

え?

なに、なに
このパターン。

で、隣の窓口に3人ぐらい並んでて後ろに並ぶ。

そしたら、私の前の人

「VISAは発行出来ません」

って、言われている……

渋々帰っていく女性。


え、やばくない?


「11番?ああ、中に行って」

って、コピー機とかがある建物指さしてる。


え、なになにこれ。

んで、中に入ると何人か椅子に座って静かに待っている。。

受付らしきとこに行って、11番、と告げながら表をチラ見すると
私は2番目で、あと10数名ほどいるっぽい。。


ラオスって簡単にVISA取れるんじゃー無かったでしたっけ?

すると、おじ様が呼ばれ、どこかのお部屋に入っていきました。

あー、面接か。


実は、ラオスに来る前に友達から連絡があって、日本からバンコクに入国する際、強制送還されそうになったと……

それを聞いていた私は、ある方にその事を話していました。


その方は、

「もしかしたら、ひっかかるかもね。ちょっと下準備しておいた方がいいかも。」

と、言われていました。

たとえば、どうしてタイに居たいのか聞かれたら、

「私は、タイの歴史が好きで、もっと勉強して、日本のみんなに伝えたいです。」

とか、

あと私はNESの英語の授業がサボり過ぎで残っていたので

「この3ヶ月で英語をもっと勉強して、次はタイ語を習いたいです」

とかとか、

「とにかく、何か書類みたいの自分で書いて作っておいて、それを見せたりするといいよ」

と、言われていたのでした。


そうか、下準備ね。

と、心づもりはあったものの、帰りのスタンプ押すとこで言われると思ってたので、まだ準備してない!!!

VISAもパスポートも無事にもらって、ゆっくりカフェでも行って書くつもりだった私。

慌ててiPadのメモ帳ひろげて、「今後の予定」を書きなぐる。


数分後、先に呼ばれていたおじ様が戻ってきて又ウェイティング。

そんでもって次私。


扉の向こうに椅子に座った爽やかイケメン面接官。

とか言ってる場合ではなく

「きよみ、そこに座って」

とニッコリ。

そして面接が始まり始まり。

やっぱり聞かれることは、今回のツーリストVISAをとったら、その3ヶ月で何をするのか?とか、

でも、それは日本でも出来ることでは無いのか?

とか、色々鋭いツッコミされながら


「そうだけど、私チェンマイが好きなんですー!」

と最後はダダをこねる子供w 

他にも、月にどれぐらいお金を使ってるか?

タイで働いているのか?
(↑もし、働いてる人は、ここで働いてるって言ったら不法労働ですから気をつけて!……たぶんですけど)

(働いていない場合)お金はどうやって工面しているのか?

などなど……

私はとにかく、ここに来る前に貯金をずっとしていて、そのお金で暮らしている。
と言っていました。


そして、10分か20分ぐらい?(わからんw )の面接が済み、また待機……。

その間、なんと私の後に面接した人が、3分ぐらいで面接終わって、パスポートもVISAももらって帰っていくではないですか!

しかも、私、その日の19:10のウドンターニー発のフライト取ってるんですけどー。

え?私もしかして強制送還されちゃう???

でもまぁ、タダで日本帰れるならいいけど。。
タイの荷物どうしようかな。。

とかちょっと諦めてたら、

16:30ぐらいかな?
やっと呼ばれて無事VISA取得!

てか、飛行機あるんだからくれるんならもっと早くちょーだいよ!!!


今回は私はツーリストVISAが無事に取れましたけど、
実際目の前で貰えずに帰っていく人を見たので、
ラオスも厳しくなったんだなぁと、痛感……。

今までが緩すぎだったのかもしれないですけど。

待機してる人の中には、私みたくEducation VISAを取って、それの期限が来たのでツーリストVISAを取りに来た人がいました。

てか、今考えたら、「NESの授業がまだ残ってるのー」
と言ったらすんなり貰えたんじゃ無いか?とか
今になったら色々思い浮かぶけど、
あの時はNESの事全然抜けてた!笑

でも、どんな事を言ったら取れて、どんな事を言ったら取れないのか、
よくわからないから、とりあえず取れたので良しとしよう……。


そして、イミグレの出入口で、私の前にいたおじ様とちょうどタイミングが同じになって、お話。


ちょっと長くなったので、続く……


posted by 聖美 at 15:39| Comment(0) | タイビザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

ビエンチャンのタイ領事館→MAYA→LAO TELECOM

サワディージャーオ!
ラオスから無事チェンマイに帰ってきました! きぃです(灬╹ω╹灬) ラオスも楽しい国でした。 何事もなく帰ってこれてよかったぁ では早速ラオスに着いてからのつづきを・・・ ↓これの続き
ラオスの領事館につくと、すぐさま代筆屋さん?
が寄ってきたので、 「おいくら?」 「100B」 ブログで見た通りの値段だったのでOKして、
代筆屋さん
「写真は?」
「無いです」
代筆屋さん
「んじゃこっち、付いてきて」 と、写真屋さんに連れていってくれました。 領事館の隣にあります。 襟付きの洋服着て行って下さいね。 でも、襟付きシャツ沢山かかってたから、無くても貸してもらえるっぽい? もしくは襟付きって男性だけだったりして?笑 なんかそんな気がします。 かかってたシャツ全部大きかったし。 9枚100バーツ 全部カットしてくれます。 で、写真持ってさっきのお兄さんのトコへ。 写真もお兄さんが貼ってくれます。 ここでは2枚。 アパートの住所のメモを写メ撮っておいたのを見せて、書いてもらいます。 ラオスでの滞在場所がまだ決まってなかったけど大丈夫でした。 11時ちょい過ぎ 領事館の中に入ると、受付する人は誰もいません。 「160」 の番号札と引換券?みたいのもらって受付無事完了。
DSC_1592.JPG
さてホテルどうしようかな~。 とりあえずWi-Fiつながるトコ行きたいな~。 なぜか、さっき買ったSIMが使えてなくてネットに繋がらない・・・。 せっかく買ったのに意味ないよ~。 で、領事館近くのカフェに入ります。
DSC_1475.JPG
「MAYA Bakery Coffee」 なんとなくチェンマイを思い出してしまうw メニューを見ると、
DSC_1474.JPG あ、大好きなThai teaがあるー^^ ここにしよう。 Wi-Fiも繋がるし。 店内は暗くてちょっとあつい・・・。 でも店員さんの感じはとってもよいです。 Thai milk teaを頼んで Wi-Fiパスワードも貰ってしばし待つ。
DSC_1472.JPG
ここのタイティーめっちゃおいしかったです。 私好みの味! ただ、お店入った時は暑いぐらいだったのですが しばらくしたらエアコンきんきん・・ 私のためですよね、ありがとうございます。。 アイスタイティー頼んじゃったのでさむいです・・・。 あ、SIMどうしようかな~。 店員さんに聞いてみるか。 SIMが差し込んであったカード? これ
0120eb4051fd3bd8e64da7ea50ac6907d4379eb955.jpg
見せながら、 私
「このSIMカードのお店近くにありませんか?
今日買ったんだけど、繋がらなくて困っています・・・。」 お兄さん
「ここの電話番号に電話してみたら?」 私
「でも私英語もラオ語も出来ません・・・」←一応英語 お兄さん
「あるけど、遠いよー」 私
「いいです。」 お兄さん
「ちょっと待って」 地図書いてくれました!
DSC_1477.JPG
やさしい! さすがイケメン!←に急に見える お店を出る時に
「ラオ語でありがとうってなんていうんですか?」
お兄さん
「コプツァーイ」
「コプツァーイ!」 地図を片手に歩きます。 途中地図に書いてる噴水を通りすぎ、 地図の通りにぐんぐん行くと、 ありました…? ここかな??? ビルに「LAO TELECOM」って書いてある。 ここだー ちょっと道間違えっちゃったりしたけど
無事到着~ 広いなぁ
「今日、一週間で100バーツのSIMを買って
今このスマホに入っているのですが、繋がりません・・・。」
お姉さん
「ちょっと見ますね」 後ろにポテチ食べてるお兄さんがいる。 おいしそうだな~と、見ていたら差し出してくれましたw わーい 一枚取ったら、
お兄さん
「手ー、出して」
ドサーっと、
両手に沢山くれましたw 食べれないwww で、さっき貰った地図に乗っけるの図
0149a728e86296a87660560e09d18ee40f66912173.jpg
SIMも無事使えるようになり、 あ、ありがとうってなんだっけ?
「ラオ語でありがとうってなんていうんですか?」
お姉さん
「コプツァーイ」
「コプツァーイ!」 ポテチおいしかったです。コプツァーイ! さ、次はどうしよう? サンドイッチが食べたいな~。 でもその前に荷物を置いたり、スマホの充電もしたいな・・・。 まだホテル決まってなかったので、早速使えるようになったスマホで検索。。 あ、このホテル口コミもよいし、キレイそう。 地図見てみたらすぐそこじゃん! ここにしよう。 続きます✨
カフェのお兄さんが書いてくれた地図にあった途中の噴水(の写真は無いけど)広場です。 「アヌサーワリー・パトゥーサイの凱旋門」 010397c3c0fbb20c3437e90e43869250fd16f98961.jpg010b6936ce658ceb40ff1fd21b9c116360a507250d.jpg012daf2b5d629e8474ab067a3808c6b1cdb6bb2ec4.jpg0113e9431f5055fc5b1682e4ad639b42f134caad1f.jpg

posted by 聖美 at 18:06| Comment(0) | タイビザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする